ヤエンの完成品





ヤエンの失敗作です。

初期のころ作ったオリジナルヤエンの失敗作です。

 

 

 

3本ヤエンを作りましたが上2本が失敗作です。

 

どこがダメなのかというと 理由は2つあります。

 

 

1 ローラーの溝が浅すぎて道糸がすぐに脱線する。

 

子供が小さいときに流行ったミニ四駆のローラーを転用してみたのだが・・・

 

小さくて、軽くて、よく回転するし、 これはお宝発見だと思ったのですが・・・
道糸が通る溝が浅いのでちょっとでもテンションが緩むと溝から脱線します。

 

脱線するとそこから前に進まなくなります。

 

 

2 針の形状が軸と平行である。

 

師匠に指摘されましたが針先がヤエン本体の軸と平行に向いています。
これだとアオリイカに刺さりにくいと言われました。

 

ほとんどのヤエンは斜め上を向いています。

 

 

この針を店頭で見つけたときは大発見だと思ったのですが・・・
軽くて半田付けで取り付けしやすそうで、本数が多くてお買い得感もあって・・・

 

 

針先が上向きな針と比較してみましょう。

 

 

針先の向きの角度の違いがわかりますでしょうか?

ミニヤエン

 

 

秋はアオリイカ釣りに最適のシーズンです。

 

ただ、秋のアオリイカのサイズは小さいのです。
今年の春から夏にかけて生まれたアオリイカが中心です。

 

サイズにばらつきはあるものの四国では200グラムから400グラムが中心になります。

 

アオリイカが小さいと大きなヤエンを投入した時にヤエンの重さでアオリイカに違和感を与えてしまい鯵を離される。

 

また、ヤエンが重いとヤエンがアオリイカより下に沈むためアオリイカとヤエンが逆勾配になりヤエンが進んでいかない。

 

 

その欠点を補うために短いサイズのミニヤエンを作ってみたのですが 大失敗 でした。

 

なぜなら餌に使う鯵のサイズを考慮していなかったからです。

 

支点になるローラーと針先の距離が鯵の大きさにマッチしていないと針にはかかりません。

 

餌を抱いているアオリイカが逃げようとする力で針ガカリさせるのが本来ですが
針先とローラーの距離が短いいとアオリイカが針の上にきてしまい針がかかるストロークがないんです。

 

ボクシングでもグローブが引っ付いている距離では力が相手に加わりません。
ある程度の距離から撃ちぬかないとパンチの威力はないんです。

 

 

なので短くしたのは失敗でした。

 

軽くするのは、素材を軽くして長さは鯵の大きさに合わせる。

 

ローラーと一番目の針先の距離は13センチ前後がいいかなと思います。

 

 

 

それとこのミニヤエンはミニ四駆のローラーを使っているのですぐに道糸が脱線する。
針先が軸と平行なためかかりにくい

 

 

3つの欠点があり全く使えないヤエンとなりました。

跳ね上げ式ヤエン制作連続失敗

 

大分間が空いて久しぶりに跳ね上げ式ヤエンを制作しましたが・・・
3連続で失敗しました。

 

一回目

 

ステンレス線を曲げる前にオモリを通しておくのを忘れた。

 

2回目

 

オモリを通すことは忘れなかったが折り曲げる寸法を間違えてしまった。

 

3回目

 

またまたオモリを通すのを忘れてしまった。

 

どうかしてるぜ!!

 

 

この日はヤエン制作をやめることにした。

 

 

ヤエンのベースとなるステンレス線は
長さ1メートル 線径1mmの市販品を使っているが
失敗の連続で2本近く無駄にしてしまった。

 

 

ステンレス線の加工は

 

曲げる 切る 半田付けする の3つの加工しかしない。

 

半田付け加工だけはやり直しができないこともない。
半田が残るので仕上がりが汚くなるのと半田を外すのにび骨が折れるので
出来ることならやり直しはしたくないのだが。

 

一方 曲げる 切る はやり直しが利かない。

 

間違えてしまうともうそのステンレス線はヤエン制作には使えない。

 

端切れとして支えなどに使う程度だ。

 

 

ヤエンを自作しない人は1メートルのステンレス線が
あればヤエンは2本くらい作れると思っている。

 

ヤエンの全長は30センチちょっとくらいだから

 

1メートルということは通常ヤエンの30センチちょいなら
余裕で2本作れると思っている。

 

しかし、たとえ失敗しなくても1メートルでは1本しか作れない。

 

なぜなら道糸を通す部分の立ち上がりが2ヵ所あるからだ。

 

それに曲げ加工も端っこの曲げは指の力だけではできない。
なので余裕の長さで曲げ加工をして最後に余った部分を
切り捨てるという無駄もでてくるからだ。

 

 

ヤエンを作るのにかなりのブランクがあったということは・・・

 

今年は特にアオリイカが釣れない

 

アオリイカのアタリがないのでヤエンを入れる必要がない

 

ヤエンが消耗しないので新規に作る必要がない

 

という3段論法で作らなかっただけなのである。

 

 

 

たまに釣れてもストレートタイプのヤエンでアオリイカをゲットできていたので
ストレートヤエンで十分と思っていた。

 

しかし、ストレートヤエンで7連続バラシをやってしまった。
そのあと、8回目のアタリがあり自作跳ね上げ式ヤエンでなんとかゲットすることができた。

 

やはりヤエンは跳ね上げ式の方が間違いない。

 

なので跳ね上げ式を作ろうと思い直したのだ。

 

 

私のヤエン制作の腕前では、ストレートタイプのヤエンに対して
跳ね上げ式タイプのヤエンを作るのは50倍難しいとい感じている。

 

失敗を重ねながら少しずつ自分に合ったヤエンを目指していこうと思う。

とっても不細工なヤエン完成

 

久しぶりに跳ね上げ式ヤエン制作制作して3連続失敗したので
頭を冷やして数日おいて再度制作してみました。

 

またまた寸法間違えたりして半田付けを外したり
折り曲げる位置を変更したり・・・

 

針をLサイズを使ったものだからバランス的に前が重くなり
先端部の針の部分を切り落としました。

 

そして後ろの部分にオモリを付けたしました。

 

軽い跳ね上げ式ヤエンを作ろうと思っていたのに
出来あがってみたら重い不細工なヤエンになってしまいました。

 

しかもローラーは回転しません。

 

ローラーとビースの部分のギャップを広げてみたがダメ
シリコンスプレーを吹きかけてみたがだめ。

 

ローラーの表面を道糸が滑っていくという感じのヤエンになってしまいました。

 

 


失敗作関連ページ

初期の作品
アオリイカヤエン釣り用のヤエンを自作しています。ヤエンの作り方を紹介します。
私のオリジナルヤエン
私の自作ヤエンを紹介します。