ヤエンの作り方





ヤエン作り日記

 

1月21日

 

ちょっと時間が空いたので自作ヤエン作りを・・・

 

今日はステンレス線の切断と曲げ加工のみしておこうと思って・・・

 

半田付け作業は後日落ち着いた時間にしようかなと思って・・・

 

ところが仕上げていくうちに欲が出て・・・

 

一気に完成させてしまいたくなって・・・

 

そんな煩悩が失敗の元・・・

 

 

初釣りでロストした跳ね上げ式ヤエンを作ろうとしたのだが・・・

 

跳ね上げ式ヤエンは針が付いた跳ね上がる部分と
ローラーが付いた部分と二つのパーツを組み合わせているのだが・・・

 

二つのパーツが一直線にならないといけないのだか・・・

 

ずれてしまった・・・

 

 

なんとか手直ししようとすればするほど深みにはまり・・・
結局すべてやり直さなければ使いものにならないようなぶざまな結果に・・・

 

針を取り付ける前に今日の作業の打ち切りをした。

 

これ以上奮戦しても泥沼に入り込むだけ・・・

 

日を改めて、再挑戦しようか・・・

 

 

ヤエン作りはたまにしか作らないから要領を忘れてしまう。
続けて作ると要領よく作れるので失敗も少ないのだが・・・

 

 

冷静になって部材の在庫を見ると
1.0φのステンレス線があと3本しか残ってない。

 

一本の長さは1メートルだ。

 

ヤエンの全長は33センチ前後だから1メートルあれば
余裕で2本は作れそうに思えるのだが・・・

 

実は1メートルで33センチのヤエンは1本しか作れない。

 

ローラーガイドなどの縦に使う細かいパーツを作るからである。

 

また補強のため2本重ねにして使う部分もあるから。

 

ということは3本の在庫では失敗しないで作ってあと3本しか仕上げられない。

 

 

香川県の釣具店では1メートルのステンレス線は売っているとことを知らない。

 

次回徳島県に行くときにまとめ買いしておかなくちゃ・・・

 

しかし、徳島県の釣具店で在庫がなければそれまでだが・・・

 

 

 


もはや泥沼

 

1月22日

 

昨日失敗した跳ね上げ式ヤエン・・・

 

どうにも気になるので再度手直しからはじめてみたが・・・

 

 

失敗作をじっくり眺めていてふと気づいたことがあった。

 

跳ね上げ式の支点となっている部分を上下逆さまにしたら
針の部分とローラーの部分が一直線になり
スムースに跳ね上がるのではないか・・・

 

そう思い上下逆さまにしてみた。

 

ところがいったん半田を外して上下逆で半田付けしようとすると
思う角度・思う位地に半田付けできない。

 

スリーブは円柱形だし1,0φのステンレス線も円柱形。
お互い接触面積が点に近くなるのでくるくる回ってしまい固定できない。

 

スリーブは電気用品の電線を接続するパーツです。
ホームセンターなどで入手できます。

 

 

一番最初にスリーブを取り付けるときはかまぼこ板に
スリーブが納まる溝を彫ってあるので簡単に半田付けできるのだが・・・

 

ステンレス線にいろいろパーツが付いた状態では使いえないのだ。

 

 

いい加減な位地と角度で妥協して次の行程に移ったが・・・

 

次の行程は跳ね上がった針の部分をストップさせるパーツだ。

 

これも一直線にならずに何度もやり直したが・・・

 

結局うまくいかず今日も挫折してしまった。

 

もうこのヤエンは諦めて新しい素材で始めから作り始めた方がよさそうだ。

 

 

守破離の 破の部分に挑戦しているわけだが
ここで守に逆戻りした方がよさそうだ。

 

跳ね上げ式に関しては・・・

 

 

今度、師匠と同行するときに師匠のオリジナルヤエンをじっくり
撮影してこようと思う。

 

師匠はオリジナルの自作ヤエン一種類でどんなサイズのアオリイカにも対応している。

 

 

挫折した制作途中の恥ずかしい跳ね上げ式ヤエンの動画です。

 

 

 

 

 


 

2月19日

 

単純化したヤエンを作ってみた。

 

このヤエンは跳ね上げ式ではないストレートなヤエンです。
というのも前回えーさんとのアオリイカヤエン釣行で
暗闇でえーさんがヤエンのガイドに道糸を通すことができなかったからです。

 

そこで道糸を通しやすい構造にしました。

 

 

 

ローラーも付けていません。

 

前ガイドと後ろガイドに下側から道糸を引き上げれば通ります。

 

ガイドには通しやすい構造ですがローラーがないので
滑りが悪いと思います。

 

 

それからえーさんはまだアオリイカのアタリがよくわかってないようです。

 

根ガカリをアタリと勘違いしてヤエンを入れることがあるのでヤエンを底に引っ掛けて無くしてしまいます。

 

そこで今は、使わなくなった針を中心に使って作りました。

 

最終の針だけ組み針をつけています。

 

 

これなら簡単に素早く道糸に通せるし海底に引っ掛けて無くしても惜しくはありません。

 

なので、暗闇でアタリがどうか不安な時に使ってもらうことにしましょう。

 

 


パクリヤエンを作っています。

2月19日

 

最近跳ね上げ式ヤエン自作に自信をなくしているので・・・

 

作るのが簡単なストレートタイプのヤエンを作ってみます。

 

一番お気に入りの のんきやえん をそっくりパクって作ってみます。

 

ただ、市販品のローラーは高いので自作ローラーを使います。
自作ローラーは真円には程遠いのので滑りはあまりよくありませんが・・・。

 

まずは本体軸に二つのローラーを取り付けました。

 

このあと針を取り付けでオモリのバランスを確認します。

 

バランスのいい場所でオモリを半田付けで固定します。

 

そしてオモリの後ろにケミライト取り付けステイを取り付けます。

 

そのあと、水洗い、乾燥、走行テストをして歪を微調整して完了です。

 

そして・・・実釣テストということになりますが

 

アオリイカのアタリがない状態が続いていて実釣テストがなかなかできません。

 

 

 

 

 

 


ローラー製造中

今年に入ってからアオリイカヤエン釣りに使う活き餌の鯵が不足しています。

 

そしてついに品切れとなりました。

 

アオリイカヤエン釣りは活きのいい鯵が手に入らないと
かなり厳しい状態に追い込まれます。

 

あとの手段は

 

スーパーなどでパック入りの死んだ鯵を使う。

 

鯵以外の活きた小魚を使う(フナ、アメゴ、鮎、コッパグレなど)

 

自分で釣りをして鯵を確保する

 

こんな選択肢が残されてはいますが。。。

 

そんなことでアオリイカヤエン釣りに行けない状態です。

 

そこでせっせとアオリイカヤエン釣り用のヤエンを自作しています。

 

先月はストレートヤエンを4本作ったので針とローラーの手持ち在庫がなくなりました。

 

そこで、自作ローラーを地道に製造しています。

 

 

 

 

ローラー自作の記事はこのサイトのローラーを手作りの記事にまとめてあります。

 

 

style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5215384957479161"
data-ad-slot="5624593603">

不細工なヤエン完成

 

2015年もあと半月ちょい。という世間ではあわただしい時期に
特に理由はないけどヤエンを作りました。

 

しいていうなら自作ストレートヤエンで7連続バラシ。
そのあと8回目のアタリで自作跳ね上げ式ヤエンでなんなくゲット。

 

やっぱりヤエンは跳ね上げ式でないとダメだなと思ったからです。

 

ストレートヤエンならすぐにできるしそこそこキレイには仕上げることができる。

 

しかし、跳ね上げ式となるとストレートヤエンに比べて自分の腕前では50倍難しい。

 

2本作ったうちの2本目ですが

 

気に入らない所は

 

針の取り付けが左右対称になってない。
針の開き具合が狭い広いの順番になってない。
後方のオモリが不足してもう一個追加した見苦しいし重量が増えた。
針取り付け部もそうだが全体的に半田が多すぎるし仕上がりが汚い。

 

 

などなどである。

 

前後の重量バランスはオモリを追加して合わせたが・・・
左右のバランスが上手くとれていないように思える。

 

実用的にはなんとか使えるとは思うが
ヤエンケースの肥やしになってしまうかもしれない。

 

もう基本的には自作ヤエンは人にはあげないことにしたから。

 

 

ヤエンも毎日作っていれば失敗も減るし
キレイに仕上がるが作らない期間がかなり長いと
勘が薄れるのか失敗ばかりしてしまう。

 

 

 

style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5215384957479161"
data-ad-slot="5624593603">


2015年関連ページ

2016年
アオリイカヤエン釣り用のヤエンを自作しています。ヤエンの作り方を紹介します。
2017年
アオリイカヤエン釣り用のヤエンを自作しています。ヤエンの作り方を紹介します。