ヤエンの作り方





友人に教える

 

アオリイカヤエン釣り友達のえーさんが
ついにヤエンを自作すると言い出した。

 

私は師匠に自作ヤエンを作るように言われ続けて
自作するようになった。

 

私もえーさんにヤエンを作るよう言い続けた。

 

そして昨年末から作ると言い出した。

 

そこで、作り方を教えてほしいと頼まれていた。

 

特に、ステンレス線の曲げ加工が上手くできないので
教えてほしいとのこと。

 

今日はえーさんが休日で本来なら
一緒にアオリイカヤエン釣りに一緒に
行く予定にしていた。

 

しかし、私は今年2回連続アタリもないボーズで
もう釣れる気がしない。

 

そして当日は雪との予報もあった。

 

ということでアオリイカヤエン釣りを中止して
ヤエン作り講習会ということにした。

 

相談の私がえーさんの自宅へ行って
針金で曲げ加工の実演を何度か
見せながら解説してきた。

 

えーさんに言っておいたと思ったが
えーさんに伝わってなかったこと。

 

そは曲げ加工は最初からステンレス線を
使ってはいけないということ。

 

曲げ加工を失敗すると
もうそのステンレス線は使えない。

 

大変もったいないことだ。

 

なので普通の針金で曲げ加工の練習を重ねてから
ステンレス線で実践するのがいい。

 

 

私の場合曲げ加工は誰も直接
教えてくれる人がいなくてとても苦労した。

 

そして数多くのステンレス線を無駄にしてきた。

 

何度も失敗を重ねてなんとか
実用的に使える程度の曲げ加工は出来るようになった。

 

それをえーさんに解説付き実演で教えてきた。

 

えーさんんにその様子を動画で撮ってもらい
このサイトに動画をアップしようと考えていたが
忘れてしまっていた。

 

その後、2人でホームセンターへ行き
ローラーに使えそうな素材を見てきた。

 

今のところ電材売り場にある
スリーブにそれに合うサイズの
チューブをかぶせるのが一番コスト的にも
いいのかなという感じです。

 

師匠はスリーブに熱収縮チューブをかぶせています。

 

えーさんは今回熱収縮チューブは選択せず
私が勧めた端子カバーチューブを試してみるということに。

 

 

えーさんからお礼に畑の野菜を貰ってきた。

 

style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5215384957479161"
data-ad-slot="5624593603">

久しぶりに自作した。

 

 

もう一年くらいアオリイカヤエンは作ってないだろうか・・・

 

というのもアオリイカヤエンの完成品の手持ち在庫が
十分にあるので作る必要がなかったということが理由である。

 

それにアオリイカが釣れないのでヤエンも消耗しない。

 

師匠から何度も言い聞かされてきた言葉に
「ヤエンを自作するようになるとヤエンを大切にするので
ヤエンをロストすることがほどんどなくなるよ」

 

という言葉があるのだが本当にそうなのである。

 

市販品を買っていたころはよくロストしていたものだ。

 

アオリイカが釣れないこともありヤエンの自重を軽くする
ことばかりに重点を置いて自作していた。

 

ところが前回の釣行で大物を連続でバラした。

 

原因は針が小さかったためにアオリイカに
十分食い込んでなかったと思われる。

 

ヤエンの重量を軽くするために針も小さくしていたのだ。

 

そこで今回は対大物用として
ヤエンの全長を40cmとロングにした。

 

針は市販の組み針Mサイズを3組取り付けた。

 

ホントはLサイズの組み針を取り付けたいところだが
手持ち在庫がない。

 

私の場合、久しぶりに制作すると失敗がとても多い。
今回も二日がかりで1本の跳ね上げ式ヤエンを完成させた。

 

二日がかりとはちょっとオーバーな表現だが
失敗が連続するときはいったん制作を止めることにしている。

 

無理して今日中に仕上げようとか思うと
ますます失敗が多くなる。

 

1〜2時間が限界でそれ以上は続けないことにしている。

 

 

 

釣り仲間のえーさんは結局ヤエンは自作しないそうである。
材料をそろえたものの作る気がないらしい。

 

久しぶり制作はイマイチ

 

 

一年ぶりぐらいに制作した 跳ね上げ式ヤエン

 

洗浄して乾燥させてあとはバリ取りなどの仕上げと
走行テストのみとなっていた。

 

そんなとき、師匠からお誘い電話が・・・

 

仕事が忙しい師匠は釣行前日に
お誘い電話があったらまだいい方である。

 

当日朝のお誘い電話もよくあることである。

 

今シーシーズンは自分の都合がつかず
前日電話にもかかわらずお断りしていた。

 

3度目のお誘い電話なのでOKした。

 

そこであわてて本日完成した
大物対策の新規ヤエンの走行テストをした。

 

バリ取りする暇はない。

 

ところが走行テストすると滑りが悪い。

 

ローラー支持金具の加工に不安を持っていたが・・・

 

ぶっつけ本番で使わなくてよかった。

 

取りあえず明日の釣行には持っていかないことにした。


2016年関連ページ

2015年
アオリイカヤエン釣り用のヤエンを自作しています。ヤエンの作り方を紹介します。
2017年
アオリイカヤエン釣り用のヤエンを自作しています。ヤエンの作り方を紹介します。